手相の金運線がある場所

手相を見れば金運があるかどうかすぐにわかります。その線は、薬指の下に縦に延びている線をいます。薬指の付け根くらいから、掌のほうに向かっているラインになります。薄くて線が延びているという方や、ほとんど見えないという方もおられます。

金運線の平均的な長さですが、基本的には薬指の下から感情線のあたりまで延びているというケースが多いです。これが平均的な長さと言われています。手相の感情線というのは、小指側の側面から延びている線のことです。小指の3センチくらい下から掌を切るように真っすぐに延びています。

手相を見ることで、お金を生み出す力が分かります。でもタイプは人によってさまざまで、どのような形で実るのかというのは一概には言えない部分があります。宝くじに当たるとか起業して成功するなら多くのパターンが考えられます。宝くじが当たるとうのは、最強の金運と言われています。

当たっている人の多くは、長い金運線を持っている方がほとんどです。気になる方は一度自分の手相をチェックしてみることです。自分は金運線が短いとかあっても細かったり切れているという人は多いです。このような場合、決してお金持ちになれないというわけではありません。

ただ、お金に対してそこまで興味がなかったり、お金を稼ぐことにがむしゃらになっていないという傾向はあります。そのため、必然的にあまりお金が入ってこないという流れになっているようです。線が切れ切れだと、お金のピンチにあいやすいので注意が必要です。電話占いの口コミのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*