手相の生命線に関することについて

特に女性からの人気が高い占いですが、その占いにはたくさんの種類があります。中でも手相はポピュラーで多くの人に知られています。手相は手のひらにある線の形や太さなどを見て、その人の性格や生命力、適職などを判断するものです。基本となるのは感情線と頭脳線、そして生命線の三本の線です。

手相では生命線は長ければ長いほどエネルギッシュで長寿だと言われており、スポーツ選手や体力を使う仕事をしている人に多いとされており、日々を元気に過ごしている高齢者にも見られる非常に良い線だと言えます。そのほか生命線がくっきりと濃くて長い場合は生命力も体力もあって、健康的な人です。もし生命線が二本ある場合は非常にタフだったりポジティブな人で、何事にも全力で立ち向かうことができたり疲れにくくて体力がものすごくあることを表します。また生命線が短いからといって生命力がないということではなく、人よりも繊細であったり疲れやすい体質を意味しますので無理をしないようにしたり、健康維持に気を付けるようにすることが大切です。

これは線が切れ切れになっている状態の人とだいたい同じ解釈となります。また伸びる線の上を横切る線がある場合、それは障害線と呼ばれるもので人生においてのトラブルを示すので、もしその線がある年齢を迎える時には体調をいつも以上に整えたり、ケガに注意する生活を心がけるようにすることによって起こりやすい問題を事前に回避できる場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*