手相における生命線の見方

手相の基本である生命線は人差し指から親指の付け根にあり、その線は手首に向かって弧を描くように伸びています。一般的には長ければないほど寿命があると言われており、その目安にされていますが、手相における生命線はその人の健康状態や環境、病気や怪我の暗示を計る事が可能です。例えば基本的な見方の1つに線の位置が挙げられており、線のスタートの位置が高ければ高いほど体力に恵まれています。覇気があるとも言われており、積極的で勇敢な性格の人が多いです。

逆に低ければ覇気はないものの、だからといって病弱というわけではないところが手相における生命線の見方の面白いところとなります。スタートの位置が低い人は活動的で向上心にあふれているだけでなく、独立心も人一倍です。野心家と言っても過言ではないですが、実際に社会的に高い地位におさまって人に指示する事が向いています。つまるところスタートの位置が高い人ほど肉体労働に向いており、低い人は事務的な作業のほうが向いているわけです。

他にも読み取れる部分はあり、例えば線の濃度と長さが挙げられます。線が濃ければ強いバイタリティを持っており、メンタルも強いです。反対に薄い場合は体力どころか、気力もないうえに自信もない人が多い傾向があるものの、感受性が高いのでアーティストに向いています。線の濃度は体力をつければ自然と濃くなっていくため、改善する事は可能です。

線の変化は長さでもあり、病気になって短命になった際短くなる可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*